Voice / 2024.03.20

子どもと一緒に楽しむ特別な結婚式になりました

Senri Hankyu Hotel / 50名様

友人から「結婚式は400万円はかかるよ」と聞いていたので、「子育てもしながら100万円以上も貯金するのは難しいな…」と悩んでいたんです。

ゼロ婚で挙げることで費用も抑えられたし、私たちふたりだけが主役の式ではなく、子どもと一緒に家族みんなが輝いた結婚式を挙げることができました。

ゼロ婚を知る前のお悩みは?

初めてのことだったのでわからないことばっかりだったんですが、とくに費用面のところですね。

周りの人に聞いても「結婚式は400万円はかかるよ」と聞いて、「その金額を出すのは難しいし、なるべく費用を抑えて結婚式を挙げれないかな…」と悩んでいました。

当時0歳の赤ちゃんがいて育児も大変な状態で、友人からは「2~3歳の方が手がかかって育児がもっと大変になるよ」と聞いたから1歳になるまでには挙げたいなとも考えていました。

その他に、私たちふたりが主役の式は少し恥ずかしいなとも思っていて、子どもと一緒に挙げることで場も和むしゲストのみんなも喜んでくれるかなと思っていたんです。

どうやってゼロ婚を見つけましたか?ゼロ婚の第一印象は?

紹介でゼロ婚のことを知りましたね。実は知り合いのファイナンシャルプランナーがもともとゼロ婚のスタッフだったんです。

「結婚式を挙げたいんです」と話をしたら「だったらゼロ婚がおすすめですよ!」と教えてくれて気になっていました。

そのあとゼロ婚のHPとか見ていろいろ調べてみて「なんで、こんなに安いんだろう…。クオリティも大丈夫なのかな…」と心配だったんです。

でもHPに載っている事例とかを見て、「低予算でもこんなにいい結婚式ができるんだ」と思って安心できました。

実際にゼロ婚に相談してみた感想は?

ゼロ婚のプランナーがすごく優しくて雰囲気がよかったですね。私たちの話もよく聞いてくれて希望に合った会場も3つ紹介してくれたり、たくさんの提案をしてくれるので頼もしかったなと思いました。

会場については「アットホームすぎず、豪華すぎない、ゲストとの距離が近い会場」を探していたんですけど、それにぴったりな場所を見つけてくれました。

職場でお世話になった方々や大切な人たちをたくさん呼びたかったので、ちょうど良い雰囲気の会場を提案してもらえてほんとによかったです。

ゼロ婚を選んだ1番の決め手は?

やっぱり金額が安かったところですね。相談会で提示してくれた見積もりの金額が200万円ほどだったんです。「最低でも300万円はかかるかな」と思っていたので、「思っていたよりも安い!」とびっくりしました。

あと追加費用がかからないというのも大きかったです。他の会社だと「打ち合わせのたびに最初に決めた金額からオプションで10万円ずつ増えていくよ」とも聞いていたので、ゼロ婚は追加費用がかかる心配がなさそうだなと思って決めました。

準備や打合せは大変でしたか?

思っていたよりも大変ではなかったです。私たちの場合は、挙式までに割と時間があったので準備する期間に余裕がありましたね。

打合せはオンラインでもできたし、ふたりで時間を合わせて子どもも一緒に参加しました。打合せ回数も4回だけであまり多くなかったので、ちょうどよかったです。

手作りや持ち込みされたものはありますか?

持ち込みや手作りしたものは「ウェディングドレス、カラードレス、子供の衣装、ウェルカムスペースの装飾」ですね。

ドレスについては最初はゼロ婚で提携していた衣装店で準備してもらおうと思ったんですけど、費用的に自分で用意した方が安く済みそうだなと思って、私たちで用意しました。

ゼロ婚は持ち込み料が一切かからなかったので、衣装も自由に選べたし、結果的にドレスを持ち込みにしたことで10万円以上の節約ができましたね。

結婚式の感想は?

久しぶりに友人に会えて、ほんとに嬉しかったです。余興とかはあまりやらずになるべくゲストの人と話す時間をたくさん作ったので、私たちが大切にしている人たちとの交流ができてよかったですね。

当日も職場でお世話になった人や久しぶりに会う友人とかと過ごせてとてもかけがえのない時間になりました。

ゲストからも「すっごくよかったよ!」と言ってもらえて嬉しかったです。

こだわったポイントは?

ゲストと話す時間をたくさん作りたかったので、披露宴の演出はなるべく少なくしました。

演出は「エンジェルバイト」だけでしたね。子供が1歳になった記念として、赤ちゃんサイズの苺を彼とともに一緒に食べました。私たちにとっても特別な瞬間だったし、子どもも主役になれるそんな場面が作れたなと。

あとはブーケトスを受け取った人にコスメやビールの商品券とみんなが喜びそうなプレゼントを考えてやりました。

料理のクオリティは?

とても美味しかったです。ランクをあげなくても品数が多くて十分に満足できましたね。

ゲストも美味しそうに食べて喜んでいました。

この会場を選んだ理由の中でもプランナーから「ここの会場の料理は絶品です!」と自信たっぷりに提案してくれてそれで決めましたね。

あと子供が1歳でまだ小さかったので会場のご飯は食べられなかったのですが、レトルトの離乳食が持ち込みできたのがよかったです。

衣装のクオリティは?

とてもよかったです。タキシードの種類もたくさんあったので、自分にほんとに似合う衣装を見つけることができました。

最初は「定番の白がいいかな」と思っていたんですけど、実際に試着してみると「あれなんか違うな」と思って、ネイビーや黒とたくさん試着しました。最終的にはシルバーのタキシードにして自分に似合う衣装に巡り会えましたね。

ウェディングドレスやカラードレスは2着ともメルカリで買って持ち込みしたんです。ウェディングドレスが3万円、お色直し用のカラードレスが4万円ほどでいい買い物ができたかなと。

両親の衣装合わせのタイミングで衣装店にいったときに、持ち込みのドレスをその場で試着してスタッフの人からアドバイスも頂けてとてもよかったです。

その他に、子どもの衣装もメルカリで一緒に買って持ち込みしましたね。

家族みんなが理想通りの衣装で当日を迎えることができて満足しています。

写真のクオリティは?

笑顔の写真がたくさんあってよかったです。最初は緊張していたのでカメラマンから「笑顔が固いですね」と言われてしまったんです。でも和やかな雰囲気を作ってくれたりして、たくさん笑うことができましたね。

撮ってくれた写真の中でも庭でふたりで撮った写真がお気に入りです。

実際、ご祝儀内で出来ましたか?自己負担額は?

自己負担はでましたが、思っていたよりは安くすみました。

具体的にはゼロ婚へお支払いした金額がゲスト50名で195万円ほどで、ご祝儀は140万円頂けました。その他にも持ち込みしたドレスや装飾の材料とかで自己負担15~20万円くらいかかりました。なので、自己負担としては総額で70万円ほどです。

最初は300万円はかかると思っていたし、ドレスも持ち込みとかにしてより節約することができたので、最終的にはとても満足しています。

契約後の追加料金や料金アップしたものはありますか?

引出物をランクアップしたので、その分の追加料金はありました。お世話になった人たちへ感謝を伝えたかったので、よりよいものを渡したいなと思ってランクアップしましたね。

ゲストのみんなに楽しんでいただいて感謝の気持ちを伝えることができたので、とてもよかったなと思います。

どんな人にゼロ婚を紹介したいですか?

時間がなくて忙しい人にこそ紹介したいですね。

育児や仕事で忙しい中、結婚式の準備はとても大変だと感じるかもしれないけど、オンラインで打合せもできるし半年以上前から準備をしておけば問題なく進められるかなと思います。

早めに計画を立てておくことで負担を減らしながら理想の結婚式を実現できるのかなと。

未来の新郎新婦に向けてアドバイスを

年齢とか気にせずに少しでも挙げたいという気持ちがあれば、結婚式をぜひしてほしいです。

私たちは30代後半というのもあって、ふたりが主役の式だったり誓いのキスとか「恥ずかしくてもういいかな」と思っていたんですけど、ゼロ婚に出会って30代後半でも素敵な結婚式を挙げることができました。

「若いときに挙げとくべきだったな…」と思っている人に、いつでも結婚式はしてほしいとお伝えしたいですね。一生に一度の機会を逃すのはもったいないですよ。

Voice

東京大阪京都 各サロンへのアクセスはこちら♪ >>